2017年04月21日

コバン・ギンガ

今日は波もなく穏やかだったので、一日前倒しで網を抜きました。
明日から休みです。二日間採取する予定が一日に。

小ムツが獲れて、マルアジが0匹。
2017_0421_073618-IMGP3240.JPG
小ムツが入っていた容器です。小ムツは時間が経つと口が
開き、鰓蓋にいるウオノエが死んで容器の底にたまります。
口を閉じたままの小ムツには、ウオノエが残っています。
2017_0421_073710-IMGP3242.JPG

100匹位いるかな〜
2017_0421_073917-IMGP3243.JPG2017_0421_152450-IMGP3257.JPG

ウオノエ以外は、
2017_0421_152505-IMGP3258.JPG2017_0421_152515-IMGP3259.JPG2017_0421_152532-IMGP3260.JPG
アミ、ヨコエビなど。

カタクチイワシも獲れました。混ざりものはマイワシが少し
だったので選別が不要、イワシノコバンを2匹だけ採取。コバン
だと思っていたのが一匹はウオノギンガでした。それに持ち帰った
マイワシからイワシノコバン成体、容器からコバン・ギンガ
2017_0421_090629-IMGP3248.JPG2017_0421_090638-IMGP3249.JPG2017_0421_091125-IMGP3254.JPG
上から、マイワシ、カタボシイワシ、サッパです。
カタボシイワシ20匹程獲れました、多いです。
サッパは顔が丸く体に厚みが無いので見分けがつきます。
サッパヤドリムシが有名ですが、
このギンガがサッパヤドリムシかどうかは分かりません。
2017_0421_090907-IMGP3250.JPG2017_0421_153105-IMGP3273.JPG2017_0421_153126-IMGP3275.JPG

コバンはこちら
2017_0421_153312-IMGP3279.JPG2017_0421_153334-IMGP3281.JPG

赤い〇の模様は幼体の時だけ見られます。
2017_0421_091004-IMGP3253.JPG

持ち帰ったカタクチ
2017_0421_094550-IMGP3255.JPG2017_0421_152611-IMGP3262.JPG2017_0421_152642-IMGP3265.JPG
これにもヒゲブトがいますが、エラヌシ属がいることも
有ります。エラヌシ属は背胸部1〜3が他より広いと思います。

エラヌシ属はいなかったけど、小さなギンガかコバン?
2017_0421_180435-IMGP3288.JPG2017_0421_180549-IMGP3290.JPG

ウオジラミはサンマかな〜カタクチが獲れると数十匹獲れる
事が有ります。
2017_0421_194935-IMGP3293.JPG2017_0421_194959-IMGP3295.JPG


少しの間 休みます。























posted by 磯岸 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 寄生虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

お知らせ

23日、日曜日までで漁は休みます。
ビーチコーミング、磯乞食は行けると思うけど。
今の時期
2017_0419_170431-IMGP3230.JPG
ヒジキを干しているので、ヘラムシなどの採取もできるかも。

とりあえず、明日と日曜の二日間でどれだけウオノエの仲間が
獲れるかやってみます。昨日はチダイにタイノエが寄生していました。
チダイの獲れる確率は低いです。チダイの寄生率はカイワリ
(シマアジノエ?)、マルアジ(ナミオウオノエ)と同じくらい
高いです。
今、小ムツさえ獲れれば、ヒゲブト幼体が必ずいます。しかし
ここニ〜三日獲れません。
2016_0526_052716-IMGP7992.JPG

昨日までキビナゴで今日はカタクチイワシ。イワシノコバンの
幼体が数十匹いました。
2014_0414_082245-42C1320125-thumbnail2.jpg

マルアジは、昨日0匹、今日は50匹程度、もちろん
2017_0417_071856-IMGP3082.JPG
ナミオウオノエが寄生しています。

後は、イワシノコバンに混じってウオノギンガの幼体が
どうか?

さて、期待通りになるでしょうか。













posted by 磯岸 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

ハナイカ・他

期待はずれでしたが、魚種が増えました。カタクチイワシに
変わってキビナゴが獲れました。活魚が少し。
2017_0419_065213-IMGP3120.JPG
マアジ、マダイ、メジナ、ヒラスズキ、ウスバハギ。

シロシュモク3匹
2017_0419_065224-IMGP3121.JPG
春によく見かけます。このサメから寄生虫は未採取です。

チダイ1匹タイノエが寄生。
小サバから二種類
2017_0419_074717-IMGP3144.JPG2017_0419_074825-IMGP3147.JPG
上の寄生虫は、現れる年と全く現れない年が有ります。
これに寄生されるとやせ細ります。

ウオジラミじゃナイデス。メナシでもないかな〜
鰓蓋に寄生するタイプかな〜
2017_0419_074743-IMGP3146.JPG2017_0419_114132-IMGP3193.JPG4.19saba.bmp4.19saba2.bmp4.19saba4.bmp4.19saba5.bmp


今の時期、波立つと、ちぎれた海藻と共に獲れるのは
2017_0419_073401-IMGP3128.JPG
マメダコだと思います。体表がつるつるしています。網に
這い上がってくるので海にかえしています。
2017_0419_073857-IMGP3140.JPG

メリベ?も海藻に混じって獲れます。
2017_0419_073453-IMGP3129.JPG
飼育したいけど、小エビを丸のみするそうです。
2017_0419_073837-IMGP3138.JPG

珍しいハナイカが二匹
2017_0419_073343-IMGP3126.JPG2017_0419_073352-IMGP3127.JPG
アオリなどは、雌雄でいる事があるので雌雄かも。
年間1〜2匹獲れるかどうかです。
2017_0419_073605-IMGP3134.JPG2017_0419_073629-IMGP3136.JPG2017_0419_073847-IMGP3139.JPG

高い値段で取引されているようです。

リリース
2017_0419_074219-IMGP3143.JPG

手のひらサイズのイシダイが二匹。
「大きくなって、また来い」とリリース。

ハナイカには、なんと云えばいいのか?

「もう網にはいるな〜」はどうでしょう。

「幸せに暮らせよ〜」の方がいいな〜



あなたが人生を〜共に行く人と
 きっとしあわせであるように〜

  吉田美和  生涯の恋人




























posted by 磯岸 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする