2017年10月22日

ヒレナガカンパチ

潮岬から黒潮が蛇行していて、熊野灘は冷水塊。
そのためか、不漁続きです。何にもいいことが有りません。
大型の強い台風が近づいているし、18日以来休みです。
しかし、この台風21:00時現在まだ強風が吹いていません。
冷水塊で衰えたか。

18日、網抜きに、ヒレナガカンパチ。これが本当の
ヒレナガカンパチです。
2017_1019_074749-IMGP5719.JPG
定置網の粗い目に刺していました。生きていましたが、
色が悪いです。これは直接氷をしたためです。氷は海水と
混ぜて「水氷」を作ってから魚を入れる方が鮮度も色も
保てます。直接氷をすると、死後硬直が速くなります。

偽物は
004.JPG

これも疑わしい
ヒレナガカンパチ.JPG

海の中は、まだまだ分からないことだらけです。







posted by 磯岸 at 21:03| Comment(0) | 魚類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

テツ(ノコギリガザミ)

不漁続きです。こんなに漁が無いと、台風でもやってきて
海をでんぐり返してくれればと思っていたら本当にやって
来そうです。いざやって来ると少しでも遠くにと思うのは、
都合が良すぎますね。


地元には、二つの海跡湖があります。海とつながっていない
方には、三本足の馬が棲み。夏場、雨が多い時は海とつながる
方には、大蟹が棲む伝説があります。中学生の時、川口浩を
まねて海跡湖を探検しました。三本足の馬がいないのは分かって
いましたが、大蟹は居ました。今、思うとノコギリガザミだと
思います。

今日、海面から50p程の所で定置網にしがみついていました。
2017_1018_071324-IMGP5682.JPG
内湾に棲むカニなのに?南方から流れてきたんだと
思います。エボシガイが付いています。それに
2017_1018_130130-IMGP5689.JPG
泥がこびりついています。こんな泥が付いたノコギリガザミを
見たことが有りません。

ノコギリガザミは三種類いるそうで、アミメじゃないので
トゲかアカテか調べて視ます。

エボシガイは放射溝があるので、カルエボシかな
2017_1018_071426-IMGP5687.JPG2017_1018_175114-IMGP5712.JPG
以前、エボシガイとカルエボシを一緒に採取したけど
5,10 083.JPG
透明なカルエボシと同じなのか?

コスジエボシ
2017_1018_071335-IMGP5683.JPG2017_1018_130208-IMGP5691.JPG
2017_1018_173440-IMGP5707.JPG2017_1018_173327-IMGP5704.JPG2017_1018_173546-IMGP5708.JPG
内湾に棲むノコギリガザミに外海に棲むエボシガイが着生する
なんて、不思議です。このノコギリガザミは、パイオニアなのかも。

ノコギリガザミを同定するのに、色んな角度から撮っていたら
2017_1018_130301-IMGP5694.JPG
これは、分かりません、カルエボシと比べると
2017_1018_173043-IMGP5701.JPG
肉眼だと、コスジエボシかな〜と思いましたが、エボシガイに
近い仲間かな〜
2017_1018_192928-IMGP5716.JPG2017_1018_173229-IMGP5703.JPG

















posted by 磯岸 at 21:49| Comment(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

大マダイ

13日、クラゲで市場に揚げるものなし、おかず。
キビナゴ
2017_1013_092059-IMGP5646.JPG
夕食は、キミの唐揚げで決まり。

サワラ
2017_1013_092112-IMGP5647.JPG
堤防から釣り人が釣ったそうです。アオリも小さいのが
釣れるそうで、釣り人も多くなってきていますが、4s程の
クエが釣れたそうで、クエフィバーです。

アオリ
2017_1013_115212-IMGP5651.JPG
普段は値段が高くて食べないけど、そぎ切りにして天ぷらです。


籠漁、ベニツゲガザミがタコに変わりました。
2017_1013_061349-IMGP5644.JPG
タコを乗組員にあげたら
2017_1015_071256-IMGP5672.JPG
銀杏に代わりました。銀杏=茶碗蒸しです。


14日、市場休み、寒くなったので夕食は、おでん。
自家製はんぺんを作りました。
2017_1014_090821-IMGP5652.JPG
何時も作っているミンチをすり鉢で。
2017_1014_092103-IMGP5655.JPG
ヤマイモが無かったので、つなぎ無し。卵白だけで作りました。
2017_1014_093611-IMGP5658.JPG2017_1014_093533-IMGP5657.JPG
おでんに直接入れてもいいんじゃないかと思いました。


15日
クラゲです。
2017_1015_055005-IMGP5661.JPG

しかし獲れる魚が違ってきました。
メアジ
2017_1015_062619-IMGP5663.JPG
南方系のアジで、年々多くなってきました。味は淡白
安いです。

ツバス(ブリ)
2017_1015_062613-IMGP5662.JPG
巻き網が豊漁です。これも安いです。

持ち帰ったのは、
2017_1015_063826-IMGP5665.JPG
ツムブリ
2017_1015_065614-IMGP5671.JPG
これも安い。昔はブリの照り焼きで売っていたけど、今は
うるさくなって売れませんね。
2017_1015_083056-IMGP5673.JPG
身はブリと同じです。鱗が大きいので分かります。

カマス
2017_1015_063818-IMGP5664.JPG
上から4番目と左2匹がタイワン、下2匹がヤマトです。
1〜3は、アカカマスです。昔なら、2番目はアカカマスで、
1、3はダルマカマス(アラハダ)。食べたら違いが分かります。

ミエハタンポが一匹
2017_1015_063941-IMGP5667.JPG2017_1015_063949-IMGP5668.JPG
尾鰭が他のハタンポと違います。図鑑のイラストと違うけど。

以上が、定置網の漁です。網から船に魚を獲りこんでいる間、
定置網の周りに集まってくる魚を狙って、釣り糸をたれています。
2017_1015_054952-IMGP5659.JPG
カンパチ二匹は定置網で獲れた物です。オオモンハタと
マダイは釣りました。容器は65p有るので、80p前後あると
思います。

何が有るか分からないところも漁の魅力の一つです。







posted by 磯岸 at 19:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする