2017年03月27日

人気商品

お店の売れ筋商品を紹介します。(販売していません)

第五位 キビナゴ
2017_0327_131418-IMGP2728.JPG
朝獲れを、塩水に漬けて直ぐに干します。昼過ぎには
出来上がり。フライパンで炒る、塩コショウで味を調える。
天候により塩加減が変わります。塩を徐々に加えて味見を。

第四位 ブリみりん干し
2017_0318_075257-IMGP2494.JPG2017_0318_120849-IMGP2499.JPG
みりんと言っても醤油が主。これはオリーブオイルで焼いて
下さい。特にこれからのブリは、脂の乗りが悪くなります。
フライパンに多めのオリーブオイル。

第三位 小マイカの丸干し
E38381E383A3E3839CEFBC97[1].jpg

第二位 ビリマイカの塩辛
2017_0323_131924-IMGP2605.JPG2017_0323_133418-IMGP2606.JPG2017_0324_073554-IMGP2616.JPG2017_0325_155627-IMGP2688.JPG
お酒のみじゃなくても、ご飯、手巻き寿司に。

第一位 ブリカマ
2017_0318_082013-IMGP2497.JPG2017_0318_081957-IMGP2496.JPG
触って水気が無い程度に干します。脂が有りすぎて塩が効き
にくい時は、大根おろしと醤油で。


老母が元気な時は、干物を作って売っていました。
近所のおばちゃん連中も売っていました。今は自分の食べる
分を作るだけで、個人で商売をしている人は、いなくなりました。

隠れ第一位 フグみりん干し
2017_0327_132053-IMGP2729.JPG2017_0327_132913-IMGP2732.JPG
昔、松坂から月一で南伊勢に営業に訪れる人がいました。
フグが大好きで来るたび買い求めていました。
しかし法律が変わり、免許がないとフグは売れなくなりました。

「売れない」と言う母に、「死んでもいいから」とねばる
おじさんは・・・もう・・・

元気なら食べさせてあげたい。













posted by 磯岸 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分葱

漁は、だんだんと上向きでしたが、本日はダメでした。
活魚は、マダイ、ヒラメ、ヒラスズキ、
2017_0327_063134-IMGP2722.JPG
他は、ダメ アオリも5匹だけ 
寄生虫もドウブト、イワシノコバン数匹。


近所のおばちゃんからおすそわけ
2017_0327_095807-IMGP2724.JPG

「ぬた」にします。
2017_0327_152948-IMGP2736.JPG

トッピングは、マイカ、カタクチ

カタクチイワシ
2017_0327_091151-IMGP2723.JPG
昨日、塩漬けしたカタクチを洗いながら三枚にします。
酢水で洗って、三杯酢に、かけるだけで酢でOK。
2017_0327_153403-IMGP2737.JPG


マイカ
2017_0327_140501-IMGP2733.JPG
塩を一つまみして,ゆで上がったら手で割きます。骨と胃袋を
取り除く。肝、墨はそのまま。
2017_0327_141126-IMGP2735.JPG
2017_0322_153920-IMGP2538.JPG

夕食
2017_0327_160646-IMGP2739.JPG2017_0327_154026-IMGP2738.JPG
ブリのアラと刺身、刺身が余ったので
2017_0327_160804-IMGP2740.JPG

マイカは、筍(細い)、5〜6月頃かな〜
旬の物を紹介します。


魚を一杯食べてください。










posted by 磯岸 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

マフグと偽り?

久しぶりにメジナが釣れました。
2017_0326_061310-IMGP2695.JPG
52p、3s前後でしょうか。一時的に水温が17℃になった時は、
釣れましたが、今日は14.2℃、まだ渋いです。

アオリは、2s近くの特大サイズ、
2017_0326_065404-IMGP2697.JPG

カタクチイワシ
2017_0326_061317-IMGP2696.JPG
30〜350円/s、その日の漁、天候、大きさにより
変動の幅が大きいです。持ち帰りました。
2017_0326_065427-IMGP2699.JPG
カタクチの容器にはイワシノコバンの幼体が入っています。
も〜いいでしょう。

ヒガンフグは市場へ、あとのフグは持ち帰り
2017_0326_072557-IMGP2705.JPG
コモンフグが12匹、内5匹にドウブトツバサヒジキムシが寄生。
寄生率はこんなもんでしょう。
一匹のコモンフグに100匹近くが寄生している事が有ります。
2017_0326_072627-IMGP2706.JPG2017_0326_072636-IMGP2707.JPG
これも も〜いいでしょう。

残りの二匹、棘がないタイプです。
2017_0326_071907-IMGP2700.JPG
ショウサイフグとマフグかな、珍しいです。
マフグ.JPG

見落とすところでした。
2017_0326_071947-IMGP2702.JPG
まな板から、もう一匹
2017_0326_111623-IMGP2715.JPG2017_0326_111751-IMGP2716.JPG2017_0326_111903-IMGP2718.JPG2017_0326_111548-IMGP2714.JPG

フグからは二度だったか、ウオジラミの仲間を採取しています。
「偽りのカリグス」
http://isogasi55.seesaa.net/archives/20150613-1.html

同じかな〜
3.26mahugu.bmp3.26mahugu1.bmp3.26mahugu3.bmp3.26mahugu4.bmp


















posted by 磯岸 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする