2017年02月21日

鞭状突起の観察

ホソウミチョウだと思います。生命力が強いのは。既に伝え
ました。海の生物は真水に入れると直ぐに死にます。このホソ
ウミチョウ、冷凍庫へ30分、当然ウミチョウは氷の中です。
真水を加え氷を解かしたら動き出しました。観察後小さなケース
へ入れたまま放置、今朝まで生きていました。

鞭状突起、鞭のように自在に曲がります。90度くらいかな〜
2.20komon8.bmp

背甲に覆われるか?同定の決め手になりません。4〜8oの
大きさならホソもマツイも覆われません。鞭状突起が原肢基部に
届くかどうかも曖昧です。
2.20komon11.bmp
原肢基部はA辺りでしょうか。鞭状突起先端は、
まったく届きません。
☆の部分は収縮菅(蛇腹)のようで、肢(泳脚)が頭部方向に
行くと縮みます。その時、鞭状突起が真っ直ぐになるとAに
届きそうです。原肢基部は☆部分の右端でしょうか?

どひゃ〜右第一泳脚なのに左にしちゃった〜訂正してください。

残るは鞭状突起先端の刺毛。
クサフグ2、マツイが3と図鑑に記載されています。
しかし、マツイは2刺毛に見えます。
matui7.bmp

今回のホソウミチョウは小さいので上手く撮れません
2.20komon10.bmp

マツイは時期が来れば見れるでしょう。ホソウミチョウも
今年は期待できそうです。もっと大きいのが。









posted by 磯岸 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 寄生虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

悲しいお知らせ

亡くなりました。
二日前まで元気に餌を食べていました。残念
2017_0220_084402-IMGP2165.JPG2017_0220_084444-IMGP2168.JPG
生態は操れても生命は操れないようです。
一蓮托生、宿主が死んで他に乗り移るタイプより清くて
いいですね。


本日、持ち帰ったのは
2017_0220_065800-IMGP2162.JPG2017_0220_065709-IMGP2159.JPG
久しぶりのマサバ、味噌汁に、アオサ+キミナゴより
サバ+ヒロメが一番かな。

コモンフグいます。白いのはツバサ。
2017_0220_065739-IMGP2161.JPG2017_0220_070206-IMGP2164.JPG

今月だけで4匹目
2017_0220_200629-IMGP2174.JPG2017_0220_200805-IMGP2179.JPG2017_0220_200847-IMGP2180.JPG

まだ観察中です。
2.20komon6.bmp2.20komon7.bmp














posted by 磯岸 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

偽りか?

コモンフグ
2017_0219_071126-IMGP2138.JPG
いつものドウブトツバサヒジキムシのようです。
2017_0219_071137-IMGP2139.JPG2017_0219_071146-IMGP2140.JPG2017_0219_071155-IMGP2141.JPG
ヒドロ虫かな?
2.19tubasa1.bmp2.19tubasa.bmp
トレビウスに付いていたのと似ていますね〜
ヒドロ虫も寄生虫に付く種類なんて、有るのでしょうか?

持ち帰ったのは、コモンとヒガン各一匹づつ。
漁は少量だけど、大マダイ、ヒラスズキ、ヒラメ、
大アジ、アオリ、ヤリ、ムツ種類が豊富でした。
南風が吹いて波が高かったようで美味しいものが獲れた?
2017_0219_070600-IMGP2129.JPG
高波で剥がれて流れてきたようで、味噌汁にいれました。

こんな海藻のゴミに混ざっているのが
甲殻類の脱皮殻かな〜
2017_0219_083444-IMGP2144.JPG2017_0219_065136-IMGP2127.JPG
フウセンウミウシは海から上がった時はまん丸でまさに
風船です。


ヒロメ美味しいです。出汁はヒガンフグ。
2017_0219_070655-IMGP2130.JPG
ウミチョウがいるかチェックしたけどウオビルを見落とす
所でした。
2017_0219_095910-IMGP2147.JPG2017_0219_095946-IMGP2148.JPG

もう一種見落とすところでした。
2017_0219_071618-IMGP2142.JPG2017_0219_071628-IMGP2143.JPG
偽りかな〜
2017_0219_104407-IMGP2152.JPG

どこが偽りか知らないけど
2.19higan1.bmp2.19higan.bmp2.19higan2.bmp2.19higan3.bmp2.19higan5.bmp2.19higan4.bmp













posted by 磯岸 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする