2018年11月30日

ワンポイント

昨日、更新予定のタイトルは、「ワンポイント」。

29日、タチウオ、ヒラソウダ、ゴマサバが少し、活魚は
ウスバハギ、ヒラメ、シマアジ、数匹だが種類が増えた。

痩せたアカカマスとイブリ
2018_1129_092254-IMGP9482.JPG
痩せていたら疑う。口腔内ナガクビムシ、鰓ヒトガタムシ。
鰓は時間が経つと粘液で分かりにくくなります。

ヒトガタムシの見つけ方、ワンポイント。
2018_1129_092818-IMGP9483.JPG
水で洗い流せば肉眼でもわかります。
2018_1129_092845-IMGP9484.JPG
スパーで販売しているパック詰めの場合、小さいのを
抱き合わせて売ることがあるので探して視てください。



干物作りに良い日が続いています。
2018_1120_085451-IMGP9415.JPG
血合いは綺麗に洗う。
塩をするとき鰓蓋に強めに
2018_1120_085954-IMGP9416.JPG
これは、塩味に関係なく、蠅除けです。蠅は日陰に
卵を産むので、この部分が要所です。綺麗に洗って
塩を多めに。

アジの丸干しは塩出しの時、腹を絞り出す。
2018_1120_074307-IMGP9409.JPG
餌を食べていると臭いし味に係わります。
2018_1120_110616-IMGP9420.JPG


30日、良い方にまた期待を裏切り、中アジ、ムツが獲れた。
これは、食べるしかない。
2018_1130_104039-IMGP9513.JPG2018_1130_104915-IMGP9514.JPG
明日、刺身にします。

他、持ち帰ったものは、
2018_1130_071650-IMGP9495.JPG2018_1130_071643-IMGP9494.JPG
いいゴマサバです。3匹獲れただけ、昼食の煮つけ。
約1s、売ったら500円します。

夕食は天ぷらにします。何が一番美味しいか。
2018_1130_094011-IMGP9499.JPG
2018_1130_083631-IMGP9496.JPG
タチウオ、おろしにくいようですが、コツを掴めば
簡単です。束子で銀箔を取ります。
タチウオはカマスと同じサバの仲間です。浮き袋の
へばりつき方がカマスと似ています。
2018_1130_083822-IMGP9497.JPG2018_1130_083915-IMGP9498.JPG
綺麗にしたら、切りやすい大きさに等分
2018_1130_101513-IMGP9501.JPG
赤い矢印が尻の穴、水色は、細い骨があります。これさえ
注意すれば簡単。尻の穴までの頭の方の部分は
2018_1130_101535-IMGP9502.JPG
包丁を骨にあて、背鰭に沿って、左手で上から押さえながら
2018_1130_101547-IMGP9503.JPG2018_1130_101600-IMGP9504.JPG2018_1130_101615-IMGP9505.JPG2018_1130_101712-IMGP9506.JPG2018_1130_101729-IMGP9507.JPG

尻の穴からは、腹側を手前にして
2018_1130_101807-IMGP9508.JPG
腹側の細い骨に沿って
2018_1130_101845-IMGP9510.JPG2018_1130_102115-IMGP9511.JPG
タチウオの干物は、生乾きで。乾かしすぎると焼くと
直ぐに硬くなります。注意してください。
2018_1120_074911-IMGP9410.JPG


天ぷらは、塩水につけて冷蔵庫で水けをきります。
2018_1130_102439-IMGP9512.JPG

2018_1130_155843-IMGP9516.JPG2018_1130_160911-IMGP9517.JPG
ムツが一番美味しかった。

骨(醤油)もムツが一番。
2018_1130_172145-IMGP9519.JPG


今日もグソクムシの仲間が
2018_1130_134207-IMGP9515.JPG


















posted by 磯岸 at 22:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

予想外れ

無の境地といいながら、心のどこかでキビナゴが続けて
獲れたらと、思っていたんだろうな〜予想通りか、
キビナゴはダメ。しかし予想に反して、タチウオが
100s獲れた。傷物を持ち帰った。
2018_1128_080706-IMGP9471.JPG
タチウオが獲れるとアジが獲れない。アジはサバと一緒に
獲れることが多い。大サバが40s。小さいゴマを2匹おかず。
2018_1128_081727-IMGP9472.JPG
昼食はサバとタチウオの煮つけ、タチウオは頭の方だけ、尻尾の
方は干物。サバは片身だけ煮つけて、もう片身は夕食の刺身。
2018_1128_155835-IMGP9481.JPG
ヒラソウダの刺身の方が美味しかった。〆はサバで
お茶漬け。
2018_1128_160713-IMGP9482.JPG
いつもヒラソウダでやってるけど、サバも美味しい。
お湯をかけて醤油をかけるだけ。

他、ムツのアウトレット
2018_1128_083826-IMGP9473.JPG
昨日の出荷用のムツと見比べてください。痩せています。
カマスと一緒に干物にします。

ヤマトとアカは市場へ。タイワンは安いので干物に。
2018_1128_084538-IMGP9475.JPG2018_1128_084603-IMGP9476.JPG
イブリが一匹混じっていました。

干物よりも骨。骨煎餅醤油バージョンを作りました。
2018_1128_094244-IMGP9480.JPG


マアジを捌いていたら
2018_1128_094222-IMGP9478.JPG2018_1128_094233-IMGP9479.JPG
ウルメイワシのようです。

これは良い兆し。

予想じゃない兆し。














posted by 磯岸 at 19:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

無の境地で

期待しないと、言いながらも心の何処かで、ひょっと
したら、願わくばなんて思っていたのかも。

数量は少ないが、キビナゴが獲れた。それとムツがまた
獲れた。
2018_1127_062537-IMGP9462.JPG2018_1127_062547-IMGP9463.JPG
その他ヒラソウダ、ゴマサバも。

キビナゴが獲れだしたら、痩せていたムツがふっくらしてきた。
ヤマトカマスも丸々してきた。
2018_1127_062554-IMGP9464.JPG

キビナゴは人間が食べても美味しいが、釣り餌としても
一番かな。カマス(アラハダ)の釣り餌に使われます。

持ち帰った小さいアラハダ(アカカマス)。腹の中はキビナゴが
一杯。タイワンが一匹。
2018_1127_080258-IMGP9467.JPG2018_1127_080412-IMGP9468.JPG
ディディ・・・が寄生。これはアカカマスだけです。
ヒトガタムシ、ナガクビムシも各一匹づつ。
2018_1127_080110-IMGP9465.JPG2018_1127_080234-IMGP9466.JPG
一匹の魚に三種類の寄生虫が寄生していたのは、マンボウと
オキザヨリとアカカマスだけかな。


待望のイカが少し
2018_1127_093937-IMGP9470.JPG

期待しない。

無の境地で


「無の境地で」こんなタイトルをつけているのは、
期待の表れ。明日も無理か。













posted by 磯岸 at 20:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする