2019年01月30日

ヒガンフグ

時期的に少し早いけど、市場にヒガンフグが上がって
いました。
2019_0130_084002-IMGP9905.JPG
15匹もいたら一匹ぐらいウミチョウも。
寄生していたら採取させてもらいます。って感じで、
眺めていたら背鰭に発見。大小2匹採取。その後もう1匹。
ウオジラミ?も寄生していた。
売り物なので・・・まだ寄生していると思うけど。
2019_0130_130900-RIMG0574.JPG

偽りのカリグスって名乗っていたヤツかな
2019_0130_131526-RIMG0575.JPG2019_0130_131622-RIMG0576.JPG2019_0130_131908-RIMG0583.JPG


ウミチョウはホソウミチョウかな
2019_0130_133724-RIMG0593.JPG
メス、小さいのはオスかと思ったが二匹ともメスでした。
2019_0130_133246-RIMG0588.JPG

ウミチョウの仲間もウオノエと一緒で、?が一杯です。
図鑑のイラスト♀だと頭部はクサフグウミチョウに似て
いけど、腹部は違うし。大きさも4o〜8o。これって
4o〜8oしか調べていない?ホソウミチョウも16oまで。
または、16oを超えないと、記載されています。
突っ込みどころ満載の図鑑しか調べようがない。ネットも
あてにならないし。

せめてウオノエのように、異を唱える研究者が
現れることを願います。












posted by 磯岸 at 21:35| Comment(0) | 寄生虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする