2020年03月20日

痩せたワラサ

漁はダメ。浜着かず。小ムツがまた獲れだした。
DSCN0623.JPG


痩せたワラサを持ち帰った。これならブリ糸状虫がたくさん
寄生している。
DSCN0591.JPGDSCN0593.JPGDSCN0594.JPG
臀鰭先端が白いタイプ。

捨ててもよかったが、鰓にも寄生虫、触ったらくっついてきて
DSCN0589.JPGDSCN0590.JPG
矢印の所まで糸を引いている。こんなことは、今まで
無かったが、
DSCN0627.JPGDSCN0630.JPGDSCN0631.JPG
カンパチから採取したのと似ている。

カンパチ
カンパ1.JPG
多後吸盤目、やっぱり当たり年かな〜


鰓は
DSCN0606.JPG

ブリウオジラミも寄生
DSCN0601.JPG
20〜30pまでの小さなブリから何度も採取した
ことがあるが、このサイズは初めてです。
DSCN0632.JPGDSCN0633.JPG
白い塊は?ブリウオジラミ、多後吸盤目が寄生したため
病気になったのか?痩せている原因は、ブリ糸状虫が主だと
思うが?


ブリ糸状虫、グロいので苦手な人はパスして。




















DSCN0611.JPGDSCN0612.JPGDSCN0608.JPGDSCN0610.JPGDSCN0613.JPG









posted by 磯岸 at 22:28| Comment(0) | 寄生虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする