2020年05月31日

対面エラヌシ

「人間とゴリラだけだ」という話を聞いたことがある。
哺乳類の話だろうと思っていた。調べたら鯨やアシカも
そうだ。


マエソ、前回採取したのは、20p弱痩せていた。今回は
正常、まるまる太っていた。
DSCN1638.JPGDSCN1640.JPG
前回採取した時、新種だと思った。気になる点が一つ。
マエソは、夜間海面近くを漂って餌を捕食しています。
エラヌシ属は海面近くにいるオキザヨリ、サヨリ、
ツマリトビウオから採取しているので同じ領域。偶然?

決定的な違いが一つ、それは生態で雌雄で抱き合っています。
これは、エラヌシ属だけじゃなくウオノエ科でも無いと
思います。俺が見ていないだけかも。

DSCN1642a.JPGDSCN1643.JPG
雌だけ離れました。
DSCN1646.JPG
愛し合っているのに罪な男です。

DSCN1651.JPGDSCN1660.JPGDSCN1648.JPGDSCN1653.JPGDSCN1656.JPG


偉い先生の名前を付けられる前に名前を付けた。
タイメンジョセイジョウイエラヌシは長すぎるので、
タイメンエラヌシでどうでしょう。

ラブラブエラヌシ、アイワナホールドハンドエラヌシ、
ミツメアウウオノエ、アイシアウウオノエ

ギュットウオノエもいいな。































posted by 磯岸 at 21:21| Comment(0) | 寄生虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またコウイカ

コウイカ、小さかったので持ち帰りました。
DSCN1662.JPGDSCN1663.JPG
餌獲り足は、格納されています。
DSCN1664.JPGDSCN1665.JPG

シェル
DSCN1667.JPGDSCN1671.JPGDSCN1670.JPG
新日本動物図鑑のイラストと違います。
ネットの『新編世界イカ図鑑』ならコウイカで合っていました。


持ち帰ったのは
DSCN1672.JPG
小さいマイワシが獲れるサイズです。小サバも同じ。
少し大きいだけで、味が違います。何万匹の内、数十匹
獲れるだけです。
DSCN1680.JPG
右が小さいサバ、同じように作っても違います。

美味しさを画像で伝えるのは難しい。
DSCN1626.JPG


他、
DSCN1631.JPG
メイチダイは、美味しいので食べます。クロホシフエダイは
ウに食われた跡があります。それにしても赤いので
DSCN1676.JPGDSCN1674.JPG
クロホシフエダイでした。


シマアジ
DSCN1636.JPGDSCN1633.JPG
これもソコウオノエなのかな。



マエソ、寄生していました。改めて更新します。



















posted by 磯岸 at 19:24| Comment(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

アカエソ

活マダイ、シマアジ二匹、ハモ三匹あとは小サバだけ
ハモは大きすぎて安い。

捨てられる魚
DSCN1595.JPG
チダイは美味しいけどあまりにも小さい。ウオノエ寄生
DSCN1601.JPG


アオスジテンジクダイ
DSCN1596.JPG
去年初めて一匹獲れて、今年は二匹目。


アカエソ
DSCN1603.JPGDSCN1602.JPGDSCN1605.JPG
アカエソと紹介していたのがミナミアカエソだったことは、
報告させてもらいました。背鰭の数で同定できます。
一匹ずつだと分かりにくいが、並べると違います。

上からアカエソ、ミナミアカエソ、スナエソ
DSCN1598.JPGミナミアカエソ.JPGスナエソ1.JPG










posted by 磯岸 at 23:25| Comment(0) | 魚類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする