2020年06月30日

2020年上半期

1月
まだ網を入れていません。準備中
IMGP0326.JPGIMGP0327.JPGIMGP0328.JPG
ミドリイガイは、棲みついています。

2月
トゲトゲモエビ?
DSCN0207.JPGDSCN0206.JPG
図鑑のイラストに似ています。検索してもヒットしない。

ネンブツダイ、クロイカリムシモドキ
DSCN0218.JPG
初めてじゃないけど、今年最初の採取。

スカシテンジクダイ黒点 画像は後程

ハタタテダイ
DSCN0242.JPG
海水温の低いこの時期に、このサイズは、棲みついている。
3月に3匹採取。

グルクマ
DSCN0260.JPG
きちんとしらべたかった。無念

ウルメイワシ、ウオジラミ
DSCN0346.JPGDSCN0347.JPG


3月
ヘラガンゾウビラメ
DSCN0364.JPG

スナモグリヤドリムシ
DSCN0558.JPGDSCN0578.JPG
釣り道具屋で見つけた。高い確率で見つけられる。

カナフグ
DSCN0582.JPG


4月
スナエソ
DSCN0776.JPG

ウスモモテンジクダイ
DSCN0835.JPG

アオスジテンジクダイ
DSCN0883.JPG

イバラタツ
DSCN0954.JPG

ヨリトフグ
DSCN0939.JPG

カワハギ
DSCN0943.JPG
これは見当もつかない。

アカエビヤドリムシ
DSCN0994.JPGDSCN1015.JPGDSCN1011.JPG

アナジャコ
DSCN1033.JPG
これが網で獲れるとは思わなかった。

スカシテンジクダイ黒点
DSCN1095.JPG

ギンアナゴ
DSCN1097.JPG

ゴテンアナゴ
DSCN1104.JPG

クツワハゼ
クツワハゼ.JPG

セホシサンカクハゼ
セホシサンカクハゼ.JPG

セトヌメリ
セトヌメリ.JPG

オオタルマワシ
オオタルマワシ.JPG

マルオウスムラサキウミノミ
マルオウスムラサキウミノミ.JPG

ヤミテンジクダイ
DSCN1217.JPG

イソギンポ
DSCN1243.JPGDSCN1244.JPG
ディディモゾイド?

アサヒアナハゼ
DSCN1238.JPG

ハナタツ
DSCN1260.JPG


5月
クロエソ
DSCN1291.JPGDSCN1292.JPG

オキタナゴ
オキタナゴ.JPG

ハモからキタマクラ
DSCN1305.JPGDSCN1307.JPG
ネットニュースで、ウツボがフグを捕食する映像が撮られと
そうです。ウツボには耐毒性があるのが分かったそうです。
ハモにも耐毒性があるのかな。

ヒメハゼ
DSCN1341.JPG

ツノウミフクロウ
DSCN1426.JPG
今でも獲れる。多かった。

兎に角おおかったのはクロイカリムシモドキ、
DSCN1449.JPG
オオスジイシモチ

ヤセオコゼ
DSCN1476.JPGDSCN1474.JPGDSCN1483.JPG
ヤセオコゼも始めて見るのに、胸鰭に何か?
上半期bPはこれだな〜

トビヌメリ
トビヌメリ2.JPG

アオハナテンジクダイ
DSCN1568.JPG

アカエソ
DSCN1598.JPG
今までアカエソと紹介していたのがミナミアカエソでした。

マエソからエラヌシ、二例目、雌雄で抱き合っているのを
確認。
DSCN1643.JPGDSCN1644.JPG

カクレエビ?
DSCN1472.JPG


6月

ヒレコダイ
DSCN1681.JPG

ササウシノシタ
DSCN1687.JPG

トウゴロウイワシ
DSCN1746.JPGDSCN1744.JPG

ゼブラ(タカクラタツ)
DSCN1781.JPG
ネット検索したら熊野灘で獲れている。地域特性か?

クロイシモチ、クロイカリムシモドキ
DSCN2015.JPG

タツノハトコ
DSCN2063.JPG

Nerocila trichiura
DSCN2115.JPG



上半期、イワシ類が一時期少し獲れたが、昨年同様不漁です。
クロイカリムシモドキ、ムツからたくさん採取異常発生。
DSCN1872.JPG
トビウオからヒジキムシを3匹採取しているので
ヒジキムシ全体が多いのかも。期待しよう。



テンジクダイは、種類が多かった。岩穴に潜む種類が多い。
DSCN1142.JPG
整理していて見つけた。クロイシモチと違う。
マダラテンジクダイだと思う。

滅多に獲れないヨウジウオ科も期待できそう。


奇形魚を忘れてた。
IMGP0412.JPGDSCN0435.JPGDSCN1069.JPGDSCN1169.JPG
2017年は6匹、昨年はネコザメだけで多数。今年も多いか。



















posted by 磯岸 at 12:14| Comment(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

「ダーウィンも喜んでいるだろう」

久しぶりの活魚
IMGP0498.JPG
マダイ、メイチ、ヒラスズキ、今年はヒラスズキが
少ないです。北寄りの風が吹くと獲れるが、風も吹かない。

マルソウダ
DSCN2137.JPG
小さいサイズから獲れだすが?白子が入っていた。遅いのか
早いのかわからない。

アヤトビウオ
DSCN2138.JPG
これは、ひと月早い。

イワシ類が獲れない。イワシノコバンは一匹獲れた。
DSCN2139.JPGDSCN2141.JPG
頭部から見る形が、魚の口腔内に似ている。
DSCN2144.JPGDSCN2078.JPG
タイノエのように口腔内に寄生していたのが進化して
体表に寄生するようになったのかな、宿主が死んでも
生き残れるし。



老害が退化して口が回らなくなっている。

星野源が踊ろうと言っているのに踊らなかった時も
腹が立ったが、今回は我慢できない。

「ダーウィンも喜んでいるだろう」こんな暴言は許せない。

暴言には暴言で、俺にも一回だけ言わせて、

にかい言わないから   ボ〇!











posted by 磯岸 at 20:36| Comment(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

24日の補足

24日、簡単に済ませてしまったので補足。

タツノハトコ
DSCN2063.JPG
トゲウオ目ヨウジウオ科タツノオトシゴ亜科
タツノイトコ属。ハトコがいればイトコもいます。

タツノイトコ
タツノイトコ.JPG
ヨウジウオに似ていますが、違いは尾鰭がないです。



サクラモドキ
DSCN2022.JPGDSCN2068.JPG
細長いタイプは、サクラとスカシ。特徴的な眼は
アオスジ、アオハナ、キンセン
アオスジテンジクダイ1.JPGアオハナテンジクダイ.JPGキンセンイシモチ1.JPG
体高が低ければ、アオハナに似ていますが、
漁師に言わせれば「肌が違う」。

形だけならスカシ
すかし.JPG
目がものをいう、と言いますから違いますね。

残るは、サクラ
サクラ.JPG
上の方がスカシテンジクダイかな?図鑑に記載されている
特徴的な棘とチョット違うけど
DSCN2080.JPG

モドキは
DSCN2084.JPG
棘がない。

一匹ではダメだ。





















posted by 磯岸 at 08:20| Comment(0) | 魚類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする