2019年01月10日

シシイカ

昨日は、潮が速くてダメでした。
2019_0109_065425-IMGP9838.JPG2019_0109_065627-IMGP9839.JPG
これだけ、ムツも少なく黒いのは見当たらず。

ハリセンボン、覗いたら見えたけど小さいのでリリース
2019_0109_065340-IMGP9835.JPG

チリモンモドキは
2019_0109_084753-IMGP9840.JPG
小ムツが・・・昨年は一年中獲れた。引き続いています。

本日、元の漁に戻りました。少量。
2019_0110_065011-IMGP9848.JPG
2019_0110_064807-IMGP9843.JPG2019_0110_064814-IMGP9844.JPG
イワシノコバンの傷痕かな〜チリモンのなかに幼体が
2019_0110_141600-RIMG0446.JPG
小ムツに寄生するサイズ。

アオリイカが獲れたけど
2019_0110_064822-IMGP9845.JPG
このサイズじゃ安い。美味しいので食べます。


12年前、亡父が記録したシシイカ
シシイカ.JPG

初めて実物を見ました。見たかった!特別なイカです。
2019_0110_064852-IMGP9846.JPG2019_0110_064910-IMGP9847.JPG
足が長いです。腕(arm)と呼ぶそうです。頭足類じゃなく
頭腕類?ふざけなくても面白いイカなので真面目にやります。
2019_0110_080931-IMGP9849.JPG
白いのが触腕、一本しか見えませんが、もう一本は
格納されていました。

他のイカは、獲物を獲る触腕が一番長いです。
2019_0110_085004-RIMG0433.JPG
左、アオリイカ、3番と4番の間が袋状になっていて
普段は他の腕と同じくらいの長さで獲物が近づくと
伸びて獲物に吸盤で吸い付く、吸盤のないかぎ状の
イカもいるそうです。シシイカの触腕は、先の部分
以外は袋状の中に納まります。
2019_0110_084206-RIMG0419.JPG2019_0110_084346-RIMG0424.JPG2019_0110_140548-RIMG0438.JPG

触腕の先は、図鑑のイラストと違います。
2019_0110_172524-RIMG0448.JPG
吸盤が不揃いです。

シシイカ
2019_0110_084546-RIMG0430.JPG2019_0110_084626-RIMG0432.JPG2019_0110_084512-RIMG0429.JPG2019_0110_141322-RIMG0440.JPG2019_0110_141334-RIMG0441.JPG
このイカが獲物を捕らえるところが見たいです。
ダイバーさんよろしく。

まだまだ伸びる2番の腕で獲物を絡めるのか?投げ縄の
ように投げて?2番の腕、吸盤がありません。
2019_0110_172926-RIMG0450.JPG2019_0110_173050-RIMG0451.JPG2019_0110_173302-RIMG0453.JPG2019_0110_173434-RIMG0455.JPG



こんなイカ、他にいるのか?














posted by 磯岸 at 20:58| Comment(2) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シシイカって腕が鞭みないに長いんですね!ゆらゆらたなびかせて泳いでいるのでしょうか?
触腕が格納式になっているのが面白いしフシギです。
遅くなりましたが、お孫さんの誕生、おめでとうございます。
Posted by hiyoco at 2019年01月11日 20:54
hiyocoさん

ありがとう。孫の画像を と、思いましたが娘に叱られそうで。


他のイカも袋状になっていて格納されていますが、他の腕と
同じくらいの長さは外に出ていると思います。
触腕が白いのが、ほとんど格納されている証拠だとすれば、
ビーチで拾うヒメコウイカも白いので、袋の中に納まっているのかな。
Posted by 磯岸 at 2019年01月11日 22:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: