2020年03月31日

儚い性

鯛の鯛にマニュキュアを塗って、帯留めにすることが
夜の蝶のステータスだったと話してくれた叔母が
98才で亡くなった。50年ほど前、オッパイと子宮を
摘出した時は、誰もこんなに長く生きるとは思わな
かったんだろうな。昨日、葬儀の後 出された料理を
煙草の空き箱に入れて持ち帰った。
「葬儀の後だというのにあなたらしいわ」と叔母の声が
聞こえそうだ。
DSCN0761.JPGDSCN0762.JPG

小学生の時、オバケのQ太郎を描いて、独り身の叔母に
年賀状を送ったら凄く喜んでくれたのが一番の思い出。




何もないけど  一瞬うお〜と思った
IMGP0436.JPGIMGP0437.JPGIMGP0438.JPG
釣り針だった。


大雨が降ったり、雨が続くと今の時期、時々獲れる 鮎
DSCN0749.JPG


ビンナガから出てきたのと似ている
DSCN0758.JPG
ホウボウの仲間かな


モドキは獲れ続いている +ウオノエ
DSCN0751.JPGDSCN0755.JPG


雨が続いて、煮干しも作れない。こんな時は
DSCN0759.JPG
左、小サバの塩煮  中上、カタクチでヌタを作ります。
中下、丸干し 左、カタクチ天ぷらにします。いづれも塩出し中。

分葱のヌタ
DSCN0746.JPG
塩をした後、甘酢で〆たカタクチ、みそはナカモの
つけてもそかけてみそがおすすめ
DSCN0747.JPG

















posted by 磯岸 at 22:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: