2020年05月18日

オキタナゴ?

持ち帰ったもの
DSCN1446.JPG
相変わらず、仕事が雑です。アカタナゴと違うと
DSCN1447.JPG
鰓蓋の黒点は、傷かな反対側はありません。右向きで
撮って、画像を反転するのはありかな。アオタナゴかも?
臀鰭が短いのでオキタナゴかな?雑な画像ですみません。


オオスジイシモチにイカリムシモドキ
DSCN1449.JPGDSCN1452.JPG
宿主に追加、ムツの背に寄生していたので頭部の違いを
DSCN1448.JPG
DSCN1453.JPGDSCN1454.JPG
背、尾など肉に寄生すると頭部は広がらないですね。


ウミウシ、また獲れた瀕死状態
DSCN1455.JPGDSCN1456.JPG
アメフラシのような紫の汁をだした。




温め始めた
DSCN1445.JPG
















posted by 磯岸 at 21:10| Comment(3) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ツバメはがここに巣を作るのは初めてですか?雛の誕生が楽しみですね。
瀕死の生き物はウミウクロウ類ではないでしょうか。といっても私も今図鑑を見て初めて知ったのですが。大きな吻、体の横にある鰓が、図鑑やネットの画像と一致していると思います。色的にはツノウミフクロウっぽいでしょうか?水槽の掃除屋として販売もされているようです。
Posted by hiyoco at 2020年05月19日 20:55
掃除屋といってもセイタカイソギンチャク退治限定みたいです。
Posted by hiyoco at 2020年05月19日 21:11
hiyocoさん

情報ありがとうございます。ツノウミフクロウっぽいですね。

ツバメは巣を作る年もあれば作らない年もあります。
巣立つまで台風が来ないように思います。

Posted by 磯岸 at 2020年05月20日 16:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: