2020年05月31日

またコウイカ

コウイカ、小さかったので持ち帰りました。
DSCN1662.JPGDSCN1663.JPG
餌獲り足は、格納されています。
DSCN1664.JPGDSCN1665.JPG

シェル
DSCN1667.JPGDSCN1671.JPGDSCN1670.JPG
新日本動物図鑑のイラストと違います。
ネットの『新編世界イカ図鑑』ならコウイカで合っていました。


持ち帰ったのは
DSCN1672.JPG
小さいマイワシが獲れるサイズです。小サバも同じ。
少し大きいだけで、味が違います。何万匹の内、数十匹
獲れるだけです。
DSCN1680.JPG
右が小さいサバ、同じように作っても違います。

美味しさを画像で伝えるのは難しい。
DSCN1626.JPG


他、
DSCN1631.JPG
メイチダイは、美味しいので食べます。クロホシフエダイは
ウに食われた跡があります。それにしても赤いので
DSCN1676.JPGDSCN1674.JPG
クロホシフエダイでした。


シマアジ
DSCN1636.JPGDSCN1633.JPG
これもソコウオノエなのかな。



マエソ、寄生していました。改めて更新します。



















posted by 磯岸 at 19:24| Comment(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

またコウイカ

漁は小サバ、ダメです。

持ち帰った
DSCN1573.JPG

小カンパチにウオノエが寄生しています。
DSCN1574.JPGDSCN1576.JPGDSCN1577.JPG
何回か採取していますが、成体は一度も採取していません。
眼が退化しかけているので、寄生しているのでしょう。
仮宿なら丸いままだと思います。シマアジから採取しても
ソコウオノエなので、これもソコウオノエ?シマアジノエは
何処に行ったのでしょう。

過去に一度だけ、どのウオノエとも違う個体をカンパチから
採取しています。
2018_0624_192616-IMGP8559.JPG2018_0624_192505-IMGP8556.JPG2018_0624_192800-IMGP8563.JPG
これが、もしかして行方不明のシマアジノエ?


小サバの干物を作るのに20匹弱持ち帰り、腹の中
DSCN1591.JPGDSCN1594.JPG
マイワシは30s、ウルメ、カタクチは2~3s、キビナゴは
数十匹獲れただけ。サバもカマスもキビナゴが大好きです。
釣り餌としてキビナゴが一番です。
カツオの生餌には弱いので不向き。


コウイカですが、
DSCN1578.JPGDSCN1582.JPGDSCN1580.JPGDSCN1581.JPGDSCN1587.JPGDSCN1590.JPG
訳が分からなくなった。

今まで採取した小型のコウイカ
DSCN1524.JPGDSCN1518.JPGDSCN1522.JPGDSCN1530.JPG


ヒメコウイカ.JPGヒメコウイカ1.JPG


ボウズコウイカ.JPGボウズコウイカ2.JPG



確定はシシイカとハナイカ
2019_0110_084546-RIMG0430.JPG2017_0419_073352-IMGP3127.JPG














posted by 磯岸 at 21:27| Comment(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

アオハナテンジクダイ

テンジクダイ、キンメモドキなど似たような赤い魚数百匹
の中から、一匹引き当てるのだから引きが強いと自画自賛。
DSCN1568.JPGDSCN1572.JPGDSCN1570.JPG
目の上下の線は、採取時きれいな青色でした。




その他
DSCN1563.JPG
クロサギは年間通じて獲れますが、今年は少なく代わりに
ダイミョウサギが獲れます。マダイは放流マダイだと
思います。すべての放流事業に俺は否定的です。

裏返してみます
DSCN1564.JPGDSCN1565.JPG
ある程度大きくなってから放流されるので生き延びる
のでしょう。何万匹も放流されて生態系が変わってし
まわないかな?放流ヒラメは、大きくなっても無眼側が
白くならないです。あざが残ります。安いです。







絶不調です。
19日、
白血球11400、 CRP定量1.42、 KL-6 955、 SP-D161.0

26日、
白血球12500、 CRP定量0,32、 KL-6 995

CRP定量が元に戻った。まだ大丈夫だな。

楽観してないけど、生き物を観察するように、俺自身を
客観的に観察して楽しんでいる。





















  

posted by 磯岸 at 21:11| Comment(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする