2020年06月05日

ダイミョウサギ

クロサギの中に3匹混ざっていた。
DSCN1740.JPGDSCN1729.JPGDSCN1733.JPG
凹みがあるのでダイミョウサギ。セダカダイミョウサギは、
凹みがないと図鑑に記載されています。俺は、凹みが
あると思います。見てないけど予想できます。
クロサギの仲間は、映画エイリアンのように口の中から
口が出てきます。この凹みは口の動きと連動しています。
DSCN1738.JPG
口を突き出すほど凹みます。横から見て凹んでいたら
同定できるけど、上からだと口の位置が分からないので
???

クロサギの口
6,9o 037.JPG



クロサギとダイミョウサギ、鱗を落とした。
DSCN1742.JPG
ミナミクロサギ、セダカダイミョウサギに出会った
時の用意。役に立つかな?


ヒメヒイラギが一匹 珍しい。
DSCN1741.JPG
上は、いつも獲れるオキヒイラギ。ヒイラギの仲間は
2種類だけです。黒目の形がクロサギと同じ、面白い。


トウゴロウイワシ、初登場
DSCN1746.JPGDSCN1743.JPGDSCN1745.JPG
南伊勢では、殆どギンイソイワシです。肛門の位置が
違います。

名古屋で採取してムギイワシと紹介したのは違う。
ムギイワシ.jpg
胸鰭先端が腹鰭基部を越えるのでムギイワシかと
思ったが、肛門の位置が違う。トウゴロウイワシより
目玉が大きい。オキナワトウゴロウイワシ?鱗の数が
違う。同定できない。






















posted by 磯岸 at 20:53| Comment(0) | 魚類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月04日

クロエソ

クロサギから
DSCN1708.JPGDSCN1706.JPG
クロサギで正解だった。ダイミョウサギは獲れず。

ソウシハギ
DSCN1703.JPGDSCN1705.JPG
これは、食べないように毒魚。

トビウオの中にアヤトビとホソトビが一匹ずつ。
違いを見るためトビウオも一匹持ち帰る。
DSCN1716.JPGDSCN1718.JPGDSCN1717.JPGDSCN1719.JPG
アヤトビは胸鰭を開かなくても分かるが、ホソトビは
黒い。


マエソと
DSCN1709.JPG
黒くないけどクロエソだと思います。尾鰭上に鮮明な
黒点が並ぶ。


ヤマトカマスが少し獲れた。中途半端な大きさ。
唐揚げサイズなので、ついでに何が一番美味いか
フライにしてみた。
DSCN1723.JPGDSCN1724.JPGDSCN1728.JPG
左上、サバ、アジ、ムツ、カマス、マイワシ。
キューイよりトマトの方が絵になったな。ケチャップを
かけて撮ればよかったか。

結論
カマスの唐揚げが一番美味かった。
骨が美味しい。

















posted by 磯岸 at 21:37| Comment(0) | 魚類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月03日

グルクマ

今日の活魚
IMGP0473.JPG
カワハギ、ウマズラ、ヒラメ、メイチ、とハモ。
メイチダイは八月下旬頃から獲れ始めます。早い。

活魚が獲れると魚種が多くなるので、すべて紹介しようと
思ったが、40種もなかった。仕切り直し。
DSCN1695.JPG
チダイとカイワリにウオノエが寄生。

ムロはオアカかな、クサヤも獲れた。
DSCN1696.JPGDSCN1694.JPG


久しぶり
DSCN1697.JPGDSCN1700.JPG

小さいながら大きめのマサバ
DSCN1702.JPG
この鰭がゴマサバ、マサバの特徴。グルクマはマグロに
似ている。
DSCN0260.JPG
縦縞がないが、サバの仲間は変異がある。
005.JPG
黒斑だけ見たらスマだと思うが、ヒラソウダです。
003.JPG

黒点模様
2011_1124_072819-P1060297.JPG2011_1124_072843-P1060299.JPG

模様無し
2018_1203_062121-IMGP9549.JPG2018_1203_062136-IMGP9551.JPG


グルクマ一種追加




ダイミョウサギ、セダカダイミョウ、微妙に違う画像がある。
画像で同定できるよう撮り直し。クロサギとミナミクロサギも


















posted by 磯岸 at 20:00| Comment(0) | 魚類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする